{"tag":"[#IMAGE|d0277274_01142446.jpg|201608/27/74/|mid|336|319#]","htmlTag":"","params":{"url":"align":"mid"}}

Sugakichi


11月にこのコミュニティーのクラフト展が行われる。
第1回目ということで、手さぐり状態。
居住者の出店でどれほど賑わうかはまずやってみないとといったところか。

場所はコミュニティー内のゴルフ場のクラブハウス。
宣伝は、居住者のFBで広めている段階。

私は、寿賀吉から作品を放出して一つでも多く販売できたらと願っている。
また来月初めまでにもう少し作り足しているところ。

どうか、気に入って手にとってもらえますように。

コースター、6枚セット。少しづつ布を変え、縁取りに統一感を持たせました。

d0277274_10385897.jpg
裏は帯です。適度な厚みがあるので中敷きを入れずに済みました。

d0277274_10384413.jpg



小さなポーチ。ちょっとした化粧品を入れたり、あるいは携帯のコードやイヤホンなど入れにも。


d0277274_10392552.jpg


[PR]
# by immigraca | 2017-10-20 21:53 | 手作り | Comments(1)

寒くもなく暑くもなく

どのくらい振りになるのやら、ドッグパークへ行ってきた。
夏の間は雨ばかり。その後には普段なら秋の声を聞く頃になって遅れてきた猛暑。

やっとここ数日は、青空と時々強風。
その強風の合間を縫ってパークへ出掛けてみた。

家の中ばっかりじゃ犬だってストレスだよね。

最初はゴールデンちゃん2頭だけだったけど
だんだんとお友達が集まってきた。
でもあんまり絡まなくなっている小姫。
一頭だけしつこくするαな子がいて、逃げ回っていたけど
大した衝突にもならず元気に遊ぶことができた。

寒くなるまでにまた数回通えたらいいね。


この子は、枝を咥えてきて私たちに遊びの相手をせがんでいた。
d0277274_03025019.jpg


d0277274_03082041.jpg


d0277274_03034534.jpg

ちびくろサンボ(これ今でもこの名称でいいのかな?)になっちゃうぞ。
d0277274_03041294.jpg


d0277274_03064025.jpg


d0277274_03070111.jpg


d0277274_03072842.jpg


d0277274_03090800.jpg

立ち姿が、姫にそっくりになってきた。

[PR]
# by immigraca | 2017-10-18 14:09 | 犬のいる風景 | Comments(0)

2017 夏PEI旅行記 6

その他の風景。


PEIは灯台の風景も楽しい。近くまではいかなかったけど、漁港の近くの灯台。

d0277274_03394550.jpg


d0277274_03400920.jpg

お尻で失礼♬
d0277274_21122094.jpg




これは海にせり出たレストラン近くの灯台。カナダのメイプルリーフがあるね🎶
d0277274_03411128.jpg

島の東部の灯台。ここへ行った日は強風でその上気温が上がらずブルブル震えていた。
d0277274_03442183.jpg
強風で、小姫の耳も風にあおられて立ち耳に。かわいいー❤︎

d0277274_03444016.jpg


d0277274_04085574.jpg

お土産店のポーチはおかげで誰もいなかった。

d0277274_03460457.jpg


d0277274_03471498.jpg

d0277274_03475497.jpg

海も荒れ気味。波が高かった。

d0277274_03464066.jpg


灯台もう一つ。島の中心部の北側の海岸。

d0277274_03494267.jpg


シャーロットタウンの中心部の工事中の建物の前には

d0277274_03482914.jpg
戦争犠牲者の碑が建っていました。

d0277274_03484697.jpg

街中はゆっくり歩いて散策したんだよねー。
小姫ちゃん、ちょっとホルター直してます。

d0277274_03513296.jpg
ホテルでの様子。


d0277274_03503719.jpg
どこへ行くにも、小姫用のマットは必需品です。



PEIを去る日は、虹が掛っていました。

d0277274_03534833.jpg

d0277274_04020512.jpg

外側にもうっすらWの虹でした。


カナダって道路標識が面白い。こんなのもあるんだよ。
ムースに注意!
d0277274_04031466.jpg


というような旅でした。
もうずーっと前の旅行記、やっと終わります。

[PR]
# by immigraca | 2017-10-16 18:51 | 2017 夏PEI旅行 | Comments(2)

2017 夏PEI旅行記 5

食べ物編。

この旅行での楽しみは前回のようにロブスターだったけど、
全般にシーフードを楽しむことができて、最高でした。

これはインスタグラムにも載せた写真。
旅行の二日目に訪れた、ニューブランズウィック州のフレデリクトン。
高速脇のレストランで、多くの人で賑わっていた。
いただいたシーフードチャウダーは絶品で、今までいただいた中では最高といえるものだった。
帰りにまた寄りたいねと話すほど。
残念ながら帰りは食事時間ではなかったので先を急いで、寄ることはできなかった。


PEIに入って、最初の食事はやはりシーフード。
ホテルの人に教えて貰ったレストラン。

d0277274_12070313.jpg


ここでもまず注文したのは、チャウダー。

d0277274_12044562.jpg
そして、シーフードパスタ。

d0277274_12052026.jpg
翌日からの食事も、(写真に残っているのだけだけど)シーフードのオンパレード。
ここ、去年も入ったレストラン。
d0277274_12074455.jpg

このお店もチャウダーが美味しかったので再び。
期待を裏切らない美味しさ。
d0277274_12064704.jpg

夫は、フィッシュ&チップスで。

d0277274_12062911.jpg
先日写真だけ載せた、海ギリギリのレストランは、
テイクアウトで、ロブスターのサンドイッチ。

d0277274_12090786.jpg


d0277274_12083474.jpg


シャーロットタウンの中心の、昨年友達と泊まったホテルで
いい雰囲気の中で、ブランチだけいただきました。
安定感のある美味しさでした。

d0277274_12105320.jpg

d0277274_12095817.jpg


d0277274_12102587.jpg


アイスクリームが大好きな夫は、散策中にこんなものも食べていました。

d0277274_12115385.jpg

d0277274_12112973.jpg

これ、アイスが相当美味しかったそうです。


夜はこんな景色を眺めながら
d0277274_12131172.jpg

これらを分け合っていただきました。
d0277274_12133310.jpg

d0277274_12135401.jpg

PEI最後の夜は、アイリッシュパブへ。

d0277274_12154505.jpg

d0277274_12145495.jpg

d0277274_12143716.jpg
生カキのタイムサービス。1個1ドル。

d0277274_12151783.jpg

d0277274_12160558.jpg


d0277274_12162920.jpg
何を頼んでも、大量のフレンチフライが付いてくる。これこそPEI。

珍しく、私デザートも食べたくなって、これを注文。

d0277274_12165776.jpg

あー、シーフード堪能できました。


PEIから帰路についても、あと二日はかかる。
帰り道でも、美味しいもの食べなくちゃ。

d0277274_12203589.jpg

こちらのホテルのレストランでいただいたのは、
夫はステーキ、私は無難なところでパスタ。

d0277274_12183140.jpg

d0277274_12181185.jpg
いよいよ旅行の最終日は、ちょっといい感じのレストランで、

d0277274_05200311.jpg
グラタンだったかな?
d0277274_05201963.jpg
エビがプリップリのパスタでした。
d0277274_05204425.jpg
美味しいものいっぱい食べて、幸せでした。

[PR]
# by immigraca | 2017-10-13 16:25 | 2017 夏PEI旅行 | Comments(2)

2017 夏PEI旅行 4

そもそも今年PEIへ旅行へ行ったのは、
ロブスター祭りに参加して、ロブスターを食べたかったからという喰意地のはった理由からだった。
ロブスター祭りの本当の意味も知らずに参加チケットを購入したのだ。

そのコンセプトは、以下のようなものだった。

An Acadian Feast serving great traditional Acadian cuisine dishes and lobster in a family-style atmosphere of Acadian music and decor. This unique bilingual culinary and cultural event featuring Food Network Celebrity Chef Danny Smiles and local artists is one event not to be missed. Welcome to all!

無知な私はPEIの歴史、その中でもAcadianという人たちがいるというこを全く知らなかった。
カナダ建国以前のフランス入植者の人たちのことをAcadianという。
Acadianが辿った運命と強いられた過酷な生活。
一度は自分たちのものとして、汗水垂らしで耕した耕作地を後からやってきた英国軍に取り上げられ
追い立てられて、住む場所も取り上げられてしまった。
そういう歴史が脈々と息づいている土地なんだということをこのフェスティバルを通して知ることとなったわけである。

それを知ってから頂くディナーは、よそ者がお招きにあずかり感謝いたしますといった気持ちだった。
海の幸のロブスターと、赤茶けたこの土地特有の土・銅を含んでいる畑から収穫したジャガイモ。
これこそPEIの2大名産物が食卓を飾る。

フェスティバル会場
d0277274_09425296.jpg

Acadianの旗
d0277274_10005467.jpg

入場チケット
d0277274_09433415.jpg


左:今日のシェフ。 真中:MC。 右:今年のAcadian代表
d0277274_09450213.jpg


本日のメニュー
d0277274_09443825.jpg

1皿目 マッスル
d0277274_09454799.jpg


2皿目 チキンスープ
d0277274_09460436.jpg



3皿目  Rapure(A French-Canadianのジャガイモのキャセロール)とミートパイ
d0277274_09462526.jpg


4皿目 ポテトサラダ
d0277274_09472605.jpg


5皿目 ロブスター
d0277274_09474526.jpg


d0277274_09494009.jpg

d0277274_09500605.jpg


ステージでも、サーブしてくださる方も衣装は昔ながらのスタイルで。
地元の方がほとんどで、フランス語の中に放り出された日本人約1名。
それでも周りの方々は暖かく迎えてくださり、
食べ方を懇切丁寧に教えてくださった。
食べて、笑って、歌って、聞いてという楽しい夕餉だった。

[PR]
# by immigraca | 2017-10-07 21:15 | 2017 夏PEI旅行 | Comments(0)

2017 夏PEI旅行 3

また少し、夫が撮ったシャーロットタウン近辺の住宅地。

d0277274_08521818.jpg

d0277274_08524550.jpg

d0277274_08532423.jpg

d0277274_08550071.jpg

d0277274_08552744.jpg

d0277274_08560792.jpg

島内の他の風景も。
d0277274_07532069.jpg

ロブスタークラブサンドが有名なレストラン。
海に迫り出した立地。
d0277274_07554184.jpg

d0277274_07562993.jpg

d0277274_07575157.jpg
冬場どんな環境なんだろう?

レストランの後ろのお土産やさん。もっと海に突き出ている。
d0277274_07595821.jpg

d0277274_07590253.jpg

左のトウモロコシ畑で、迷路をやっていたようです。
d0277274_08004685.jpg

ドイツのハンブルグからこの日の朝到着した客船。
今年リニューアルされた客船で、遠くから上部だけ見えた時には
ただのビルディングにしか見えなかった。
こんな船で旅をしてみたいわ。
d0277274_08021580.jpg
ロブスターを食べに行ったレストランのデッキからの眺め。
d0277274_08041608.jpg

d0277274_08045092.jpg

d0277274_08053374.jpg

d0277274_08063169.jpg
まだ続きます。



[PR]
# by immigraca | 2017-09-26 19:08 | Comments(0)

2017 夏PEI旅行 2

今回は、PEIの島内観光からの風景を。

やっぱりここは外せないよね。
赤毛のアンのミュージアムです。

d0277274_09294865.jpg

ここで庭にあった、ブランコに乗ってみました。

d0277274_09472056.jpg

翌日はヘリテイジへ。アン関連の施設では一番大きくて観光客も一番多い場所です。
この日はアンが観光客の一人一人と写真に収まってくれました。
こちらも英語版のみ
d0277274_09493339.jpg
施設内の説明と赤毛のアンの歴史等のお話を聞いているところ。
奥の右は納屋です。
d0277274_09522594.jpg

こちらも納屋。いまは内装を変えてビデオなどを上映しています。
d0277274_09555349.jpg


d0277274_09574577.jpg


d0277274_09584544.jpg

d0277274_09592598.jpg

d0277274_10005826.jpg


アン巡りはこれで一応終了。
さてここからは、島内の景色を楽しみましょうか。

また夫が撮った写真です。この感じは、最初に訪れたミュージアムの近く。
こんな感じの荒涼としたところに突然建物が現れるんです。

d0277274_03340462.jpg

少し家がある場所に戻って、撮った写真。
d0277274_03360863.jpg

町らしい眺め。

d0277274_03372908.jpg

ここからはキャピタルのシャーロット・タウン見学。
教会はどこへ行っても必ず存在する。
それだけ昔は住む人たちの心の拠り所だったんですね。

d0277274_03443506.jpg
鐘の音もいいねー。




実は、PEIはカナダ建国の地なんです。
小さな島で、1864年9月に初の会議が開催され、それが建国へとつながっていくのです。
その会議が行われたプロビンスハウスです。ですが、写真のように修復中でした。

d0277274_03531290.jpg

これは会議に出席した方々の銅像です。メイン通りから一本入った通りの教会の前にあります。

d0277274_03452814.jpg
こちらの銅像はメイン通りのベンチに座っていました。

d0277274_03572901.jpg


d0277274_03591368.jpg
プロビンスハウスのお隣のコンフェデレーションセンター・オブ・ザ・アートに入ってみました。
これも英語版のみ

内部はシアターとちょっとした資料館、そしてお土産やさんです。

ここで、お仕事仲間の女の子と知り合いました。
全くの偶然です。それだけ、働く犬が多くいるってことなんでしょうね。
PEIに住んでいらっしゃる方でした。

d0277274_04045138.jpg

d0277274_04052331.jpg

d0277274_04061937.jpg

d0277274_04065184.jpg
まだまだ続きます。
とーっても遅い更新ですが、次回も旅行の様子載せます。

[PR]
# by immigraca | 2017-09-19 04:16 | 2017 夏PEI旅行 | Comments(0)

終の棲家を見つけるまでの生活。そしてカナダへ落ち着いてからの日常の一コマを紹介。2006年4月~2013年1月までの過去ブログは  http://elvisjade.exblog.jp/  


by immigraca
プロフィールを見る
画像一覧