人気ブログランキング |
{"tag":"[#IMAGE|d0277274_01142446.jpg|201608/27/74/|mid|336|319#]","htmlTag":"","params":{"url":"align":"mid"}}

お手伝いとクリスマス会

キルト会のご婦人方と一緒にボランティアを行った。
この時期ターキーを自分たちで賄うことのできない家族へ配るための物。
25キロを超えるターキーを6羽と副菜の野菜。

その合間に自分たちのお昼をはさんで
夕方には、この集まったご婦人方とその夫も一堂に集まってのクリスマス会。

年齢的には皆同じくらいの人たちばかり。
特別に宗教を勧めるわけでもなく
その辺は放っておいてくれるので、一緒にいてもまったく嫌じゃない。
くる者は拒まず、去る者は追わずのスタンスが好き。

ターキー作りが上手だと評判の人がいて、
私にとっては初めての経験となる、最初から最後までの焼き方伝授。
彼女が焼いたターキーがジューシーで美味しいと言われる所以は
丸ごとの姿のまま焼かないということ。
まず部位ごとに切って、塩・コショウを振り、バターを軽く揉み込み
玉ねぎのみじん切りをのせてオーブンで焼く。
これでいいのだという。
そして、出てきたジュースがグレービーになるだけの話よ、と。

d0277274_04280651.jpg


d0277274_04281933.jpg


d0277274_04291522.jpg


d0277274_04170797.jpg

野菜は、さつまいも、人参、玉ねぎ、パプリカ(赤・黄色・オレンジの大きなピーマンのこと)
それをアボカドオイルで馴染ませてゆっくりと火を通す。それだけ。
ジャガイモはマッシュポテトにするので直前に作る。

下の写真の一部は、お昼のターキーのスープストックをスープにした麺と
デザートなど。
夜の部の写真は、クランベリーソースや、ピクルスなども添えて
ターキーのダークとホワイトミートをそれぞれ自分の好みで取り合わせて。


d0277274_04162324.jpg


動画も撮りました。よろしかったらどうぞ。
(横のままで、回転できない動画もあります。見難いけどごめんなさい)















by immigraca | 2018-12-15 14:40 | 食べ物 | Comments(0)

終の棲家を見つけるまでの生活。そしてカナダへ落ち着いてからの日常の一コマを紹介。2006年4月~2013年1月までの過去ブログは  http://elvisjade.exblog.jp/  


by immigraca
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る