人気ブログランキング |
{"tag":"[#IMAGE|d0277274_01142446.jpg|201608/27/74/|mid|336|319#]","htmlTag":"","params":{"url":"align":"mid"}}

2019年 03月 24日 ( 1 )

機械相手

昨年からずっとミシンの調子がおかしかった。
上糸と下糸のバランスが崩れ、ダイヤルを調節しても改善の兆しが見えなかった。
薄物を縫っているときはそこそこいけるのだけど、
帯のような厚物を何枚も重ねると途端に目が跳んだり、
糸が絡んだりとストレス溜めまくりの作業が続いていた。

ミシンを購入したお店は、何度も通ったけど
満点・納得の修理をしてもらえた試しがない。それに遠い。
ナイアガラにたった1店舗あるミシン屋さんに持ち込んだら
そこで購入したミシンじゃないので如実に嫌な顔をされ、
「3週間預かり」と言い渡されてしまった。

それじゃもう少しネットで探してみようと持ち帰る。
今回探したのは、副業で修理のみを受け取っているお宅。
値段は少々張るけど、そこ以外に近くで修理してくれそうなところがない。
先週持ち込んで、ちょうど一週間。
昨日帰ってきた。

ミシンの調子を見るために自分用の簡単なチュニックを作ってみた。
厚地でない限り、調子はよさげ。
ただ、このあと帯を使ったバッグを作っていくときにどうなるんだろう?
帯地や芯地、ファスナーと重ねて縫うときにちゃんと働いてくれるのか?

そもそも過酷な条件下で酷使しているのだろうか。
もし、これでまたストレスだらけのミシンに逆戻りしたら
工業用ミシンの視野に入れなきゃないなー、と思うのである。
修理にばかり費用がかさみ、すでに元々のミシンの値段を超えたんじゃないだろうか?
それならここらで、ガツーンと上のミシンに乗り換えた方が皆んなが幸せになる。
(というほどのこともないけどね)


脇ポケット付きのチュニック。
春物一枚できあがり101.png
d0277274_00133749.jpg
d0277274_00134627.jpg
d0277274_00135739.jpg

by immigraca | 2019-03-24 11:29 | 手作り | Comments(0)

終の棲家を見つけるまでの生活。そしてカナダへ落ち着いてからの日常の一コマを紹介。2006年4月~2013年1月までの過去ブログは  http://elvisjade.exblog.jp/  


by immigraca
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る