人気ブログランキング |
{"tag":"[#IMAGE|d0277274_01142446.jpg|201608/27/74/|mid|336|319#]","htmlTag":"","params":{"url":"align":"mid"}}

カテゴリ:家のこと( 17 )

D.I.Y.備忘録

我が家の立地は比較的新興住宅地で、
似たような外観や間取りの家が並んでいる。
外観は新しくて、中も新しい設備で暮らし易そうに見えるんだけど、、、、。

そこはそれ、それぞれに色々と問題はあるようです。
我が家の場合、地下に雨漏りですわ!(大きな声では言えませんが、、)
とここで書いているんだから大きな声で言うより、始末に悪いかも。

昨年夏に、一時的にものすごい雨量に見舞われ
隣の家との間が川のようになったことがありました。

その時、地下の一部分から雨が入り込んでちょっとすごいことになったわけです。

d0277274_08141168.jpg
d0277274_08144957.jpg


ね、ちょっとひくよねー。こんなに雨が溜まってると。これが8月。


それ以前は基礎に軽いひびがあっても内部と外部が繋がっているわけではないので実害はありませんでした。
一度に見舞われた雨の量が、そのひびに影響を与えたのか
それ以降少し激しい雨が降ると8月よりはマシだけど、じっとりと基礎部分が水分を含んだようになることが頻繁になってきました。

d0277274_08244168.jpg


こんなことじゃ家にも体にも悪影響。
専門家に頼んで、大掛かりな修復工事が必要になると覚悟しました。

一方で、このコミュニティーの掲示板で、
我が家と同じ問題に悩む人が、D.I.Y.について相談を投げかけ、
それに対して多くの人が親切に教えてくれていたのをきっかけに
私も、まずは一人でトライしてみようと思ったわけです。
何より、節約にもなるし、面白そう。
それでうまくいかなかったら、その時に専門家に頼ればいいさと。

それで、まずはYouTubeで材料や道具を調べて、ホームセンターで買い揃える。
そして手順を叩き込んで、外壁から始めてみる。
それが10月のこと。冬になって地面が凍ってしまわないうちにと始動する。

一人で地面を1メートルほど掘り下げるのは、なかなか重労働ではありました。
小姫が乗っているブロックを動かして、土を掘り下げて、
ひびの入っているところを少し広げて、そこにセメントを塗り込みました。
労働に見合った充実感は得られ、外壁だけで済めば、万々歳なんだけどなーと祈る気持ちで終了。


d0277274_08241098.jpg


d0277274_08273776.jpg
ま、見栄えはそこそこだけど、ちゃんと雨漏りを止めてくれるか、期待は膨らんだ。




そして雪が降る間は、乾いた状態が続き、やったー!成功したと喜んだ。
だがしかし、4月からまた怪しくなり
5月に入ってから今回は地下室側からトライ。

d0277274_08354423.jpg


d0277274_08350252.jpg

まずは労働環境を整えて、音楽で気持ちをあげながら ← これとても大事














これで今回は一応終了。
この週末で2週間。
その間に雷を伴う激しい雨にも襲われたけど、今の所すっかり乾いた状態を保っている。
このままでいてくれれば、開いている部分をテープで止めて完全に終了できる。


幸いだったなーと、今となっては夫に感謝なんだけど
地下に部屋を作らずに、そのままにしておいたことは、
作業をやりやすく、結果として被害が最小限で済んだということ。

私の洋裁部屋を作らずにおいてくれてありがとう。(嫌味半分)
もし、万が一また濡れてきても、すぐに対処できるからね。ははは。

by immigraca | 2019-05-23 19:51 | 家のこと | Comments(2)

土曜の朝の出来事

d0277274_23201000.jpg
我が家の前に消防車が!


事の起こりは土曜の朝。
早いうちにスーパーへ買い出しへ行こうと支度を整え
小姫もハーネスを装着して、今まさに玄関を開けようとしていたとき、
「ジッ」とか、「ビッ」という短い不快な大きな音が聞こえた。
小姫が「早く行こう!」と興奮して出した声なのかと思った。
夫がコートを整えている間に、また同じ音が聞こえた。
小姫ではない。どこから?なんの音?と気になり始める。
それは、数十秒毎に一回鳴ってを繰り返す。
スーパーへ行く事よりも、この音の原因を探さねば。

その原因はすぐに見つかった。
警報器からのもの。煙を感知したときのおびただしい継続して鳴り続ける音と違って
何かをやんわり伝えるような音だ。
すぐに前家主から引き継いだマニュアルのファイルを探すが、その中には入っていなかった。
ともかく、ステップラターを出して、3つある警報器のうちの親元を調べてみる。
その間も不快音は定期的に、鳴り続けている。

小姫は、ハーネスをつけたまま書斎に入って辟易とした顔で丸まっていた。
今にも溜息をつきながら、「早くどうにかしてください」とでも言いたげだ。

親元の警報器のステッカーが使用有効期限を示していて、2017年となっていた。
原因はこれ?期限切れで警告音?
ま、とにかく天井から取り外さなきゃとやってみるが
今まで経験した電池式のものとは違って、天井の中のコードと繋がっている。
どこをどういじったら、この接続を離す事ができるのか全く分からず。
下手にいじって、現在の警告音から、火事のときのようなけたたましい音に変化させたらどうしようと不安になる。
土曜の朝の皆様まだゆったりと朝食など召し上がっているだろう時間にそれは大迷惑。
ならば、これはもう消防所に連絡するしかないねーと、夫と同じ結論に至る。
それで、冒頭の写真になるわけです。

消防所へは、緊急ではなく、人がどうしたとかでもなく、と現況を説明。
すぐに来てくれるという。
と、サイレンもホーンも鳴らさずに静かに現れてのだが、
まさかユニットが揃って消防車で来てくれるとは予想もしなかった。
しかも、4人とも消防服と靴を装着している。そのうち二人は背中にタンクまで背負っている。
この二人が、家の中で実働してくれて天井から警報器を離してくれた。
残った2つを見てくれたが、期限は2020年ということでそのままに。
仕事中もタンクをつけたまま、動きにくそう。ロボコップみたいな動き方。
装着している服・装備だけで何十キロあるんだろう。

私は、次に自分で取り外しが必要になったときのためにしっかり記録に止めるのに必死でした。
結構長い間消防車が停まっていたので、ご近所さんも興味津々だったようだ。
恥ずかしかったけど、実際事故もなかったことでほっと胸をなでおろした。

新しい探知機を購入して取り付けます。はい、自分でやります165.png

by immigraca | 2018-04-08 23:50 | 家のこと | Comments(0)

こうなっていた

忘れておりましたが、帰国中どうなることやらと思っていた庭。
お隣さんが一度芝刈りしてくれたり、
友達が裏庭の掃除をしてくれたりと
人様のご厚意に甘えながらの3週間でした。

おかげで、花も綺麗に咲いてくれていました。
ありがたいことです。


d0277274_10212780.jpg

d0277274_10222052.jpg

d0277274_10223288.jpg

d0277274_10224388.jpg

by immigraca | 2017-07-15 21:25 | 家のこと | Comments(0)

続速報、今日はもっとすごい

今朝は5輪咲いていました。
嬉しい限り。
d0277274_01492679.jpg

d0277274_01495340.jpg

by immigraca | 2017-05-19 01:46 | 家のこと | Comments(4)

速報、咲きました

昨日のテッセン咲いていました。
大振りという花ではないけど、私は満足です。
咲いてくれてありがとう。

d0277274_02371388.jpg

d0277274_02375888.jpg

by immigraca | 2017-05-17 13:38 | 家のこと | Comments(4)

花壇

庭の花壇の花が少し育ってきてくれた。
テッセンはもうすぐ咲きそう。

d0277274_03364391.jpg
紫の花びらがちょっと見えている。

d0277274_03371820.jpg

こちらは、まだ少しかかりそうだけど
私が日本へ行っている間に、綺麗な花を見せてくれそうだ。
楽しみ、楽しみ。

d0277274_03370303.jpg
帰ってきてからも次々に咲いて欲しいものだわ。

by immigraca | 2017-05-16 14:45 | 家のこと | Comments(2)

ことしの花

昨年はダンプ一杯分の土を入れて裏庭と前庭を改造。

一人でやるにはなかなかの労働だった。
土のせいなのか、前回のたんぽぽもそうだけど、
根強い雑草がこれでもかと育ってきている。
これとの戦いがこれから本格化するはず。
これには先手を打たねば、今年は根っこから挽くだけじゃなくて、
除草剤も使って何重にも手を打つことにした。
特に、私が日本へ里帰りしている間に、雑草が取って代わっていたなんていやだもの。

お花のほうは、飾りのつもりで植えた花々は、一年草が多く
ことしはぱっと見色目がなくちょっと寂しいかな。

でも、本当に植えたかったのは、クリスマスローズで
去年は出遅れたのだ。
それを踏まえて早めに探し始めて、ことしは合計4株購入。
地植えと鉢植えで育ててみるつもり。
白い花と、赤紫の花。ちゃんと根付いてください、お願いします。

d0277274_04341239.jpg

d0277274_04343741.jpg


d0277274_04350435.jpg


こちらは去年、やはりずっと欲しいと思っていたクレマチス。
去年も咲いてくれたけど、今年はちゃんと冬を越えて今は蕾がたくさん。
大きな花にするには間引いたほうがいいのかとも思うが
どうしても、かわいそうだし、もったいなくて蕾をつまむことができない。
大きさより数で行くことにしよう。
d0277274_07113559.jpg

カナダは一気に春と夏がやってくる。
どのお宅も、色とりどりに飾ることに一生懸命だし、何より見せ方が上手。
周りのお宅に刺激を受け、そして学ばせてもらいながらの庭づくり。
労働も相当だけど、楽しみも必ずついてくる。
夏には白い花たくさんと、ちょっとだけアクセントとしての色のある素敵な庭になっていますように。



by immigraca | 2017-05-02 18:38 | 家のこと | Comments(4)

見た目はいいけど

ナイアガラ地方も、春の訪れを感じるようになった。
それは散歩の時に嫌でも目に入るこの光景。

d0277274_04335983.jpg


d0277274_04342450.jpg

d0277274_04345180.jpg


そうなんです、たんぽぽが我が夜の春とばかりに咲き誇っている。
黄色の絨毯といえば聞こえがいいけど、庭づくりには大敵。
時間を作っては毎日、雑草引きのツールを使って土深くから引っこ抜いて、
最後には草刈り機でガッガーと仕上げをしているんだけど、
周りがこれじゃやってもやっても報われない気持ちになる。

それでもコツコツ、せっせとやるしかないね。
目についたらすぐやると決めてこうなった、我が家の前庭。

d0277274_04352759.jpg

たんぽぽはそれでもまだ可愛い。
だけどこれから夏に向かって、名前もわからない雑草がどんどん幅を利かせてくる、
土中深くまでツールを入れて引っこ抜いてもまたすぐに育ってくる。
根こそぎ取り払って、芝生だけでフサフサとした緑を作り出すに一体どうしたらいいものか。
ことしの大きな課題だわ。

by immigraca | 2017-05-01 16:30 | 家のこと | Comments(2)

Roofing


3月にこの一帯に嵐のような強風が吹き荒れる一日があった。
西からの風で、大きな被害を残していった。
下の動画は我が家のリビングから見える御宅の屋根が
下から煽られてふわふわしている様子である。
一部はすでに、飛ばされて屋根に穴ができている。


許可を得て掲載しております。

人の家の心配をして動画なんて撮ってたら、自分の家のシングル(瓦屋根に取って代わるもの)も4枚ほど飛ばされていた。
幸い、シングルの下のチャコールを施した下地は残っていたので穴は開いていなかった。
翌日、すぐに業者が来て被害を見て帰って行き、大体の見積もりを取ってもらった。

我が家の状況は表面的にはまだマシな方だったので、修理に一ヶ月待たされた。
その間の雨や、雪、風には内心ドキドキしながら過ごした日々だった。

表面的な被害は少なかったものの、実はなかなかの影響を受けた我が家の屋根は
全取り換えという大掛かりなものとなった。
2日間、6〜8人の職人で取り組んでくれた。
今月、やっとやっと全取り換えが住んで内心ホッとしている。

それでは、写真でお見せ致します。
d0277274_11384197.jpg
古いシングル、ゴミを一括にまとめて撤去するコンテナーがまず一番に運ばれてきた。

d0277274_11423144.jpg
屋根に乗せる新しいシングルの山が運ばれてくる。この人たちは運んでくるだけ。

d0277274_11435413.jpg
さ、いよいよです。

d0277274_11445484.jpg
ハシゴもかかり、引き剥がしにかかります。

d0277274_11461170.jpg
おおー、お世話になりました。たった5年だけど、、、。

d0277274_11480992.jpg
新しいシングルが載って行ってます。

ということで、我が家は真新しく、そしてもっと質の良いシングルで全部が覆われて
気持ちもあたらしくなり、ホッと一安心。それにこの工事で50年保証へと格上げされた。

その後のこの一帯のお宅では、全取り換えをした家は今の所我が家のみだったことがわかった。
我が家以外は全て当座の修繕で終わらせた。
その方々の中で、また強風で同じように、あるいはもっと激しくシングルが飛ばされた家が続出し
今になって全取り換えに踏み切るお宅も出てきた。

あのとき、業者の勧めに従って、全取り換えしておいてよかったねーと夫と胸をなで下ろしている。
強風が吹き、雨が降るたびに、ちょっとした優越感を(他家には申し訳ないけど)味わう我が家なのである。
なんて意地悪なんでしょうねー。

by immigraca | 2017-04-29 23:00 | 家のこと | Comments(6)

成長を遂げる我が家の庭

今年の冬は長かった。
5月に入っても雪がちらついた日があった。
暖かくなったら土をトラック一杯分注文して
せっせとバケツで運んで裏庭を改造し、
表の庭も手を加え、部分的に禿げていた芝を種まきから始めた。

5月の半ばに開始したプロジェクト。
数日間頑張って形にした。
ここと
ここと
ここ。
あれから一ヶ月半。野菜はかなり大きく育っている。
蕾さえ付いていなかった花々も咲いて
ミツバチが訪れるようになった。

裏庭の全景とズーム・アップ。

d0277274_21545470.jpg


d0277274_21551548.jpg

なす
d0277274_21563898.jpg

春菊
d0277274_2157367.jpg

紫しそ
d0277274_21573022.jpg

トマト
d0277274_2158183.jpg


d0277274_21594887.jpg


d0277274_22075.jpg


d0277274_2203155.jpg


d0277274_2212538.jpg


d0277274_2205810.jpg


d0277274_222244.jpg


d0277274_2222091.jpg


d0277274_2224125.jpg


d0277274_223287.jpg


前庭

d0277274_223473.jpg


d0277274_224626.jpg


d0277274_224283.jpg


d0277274_2245389.jpg


d0277274_2251331.jpg


クレマチスも咲いた。(7・4)今年はまだ小ぶりだけど来年は大きくなるかな。

d0277274_2292999.jpg


お隣との間。蕾がたくさん出てきている。

d0277274_339187.jpg


あとせいぜい2〜3ヶ月しか楽しめないけど、しっかり頑張ってくれよ。
by immigraca | 2016-07-03 08:45 | 家のこと | Comments(6)

終の棲家を見つけるまでの生活。そしてカナダへ落ち着いてからの日常の一コマを紹介。2006年4月~2013年1月までの過去ブログは  http://elvisjade.exblog.jp/  


by immigraca
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る