人気ブログランキング |
{"tag":"[#IMAGE|d0277274_01142446.jpg|201608/27/74/|mid|336|319#]","htmlTag":"","params":{"url":"align":"mid"}}

カテゴリ:健康( 37 )

腹巻き必須

なんとも情けないことに、先週突然膀胱炎を発症。
人生で2回目の経験をした。

残尿感が半端なく、出しても出しても残っている感覚。
30分おきにトイレに入る。
痛みはさほど激しくないが、
背中の寒気が尋常じゃなかった。
黴菌と冷えがいい具合に重なったか、、、。

当日はすでにかかりつけ医の受付が終了した時間。
翌朝になって、クリニックが開くと当時に電話で診察予約。
うまいことに午前中に診察を入れ込んでもらえた。
もし、予約が取れなければ、救急で診てもらうことになったはず。

膀胱炎は抗生物質で黴菌を排出するしかないので診察に行っても、
サンプルを採って、Dr.が膀胱炎であることを確認したら、
お薬出してもらって終了。
たった1分で面談終わり。
さっさと一週間分のお薬もらって飲み始めるのみ。

帰宅して、これを飲み、


d0277274_01310978.jpg

腰には腹巻き。(実はこれ夫が6年前の秋に腸ヘルニア手術でお腹にメッシュを入れ術後その部分を抑えるために使っていたもの)   この記事(←クリックどうぞ)
背中のゾゾッーとした感じは全然消えてくれない。それでもしていないよりはマシ。


d0277274_01325635.jpg

ということで1週間経ちました。
背中をずーっと温めてくれたのは、腹巻きよりはこのお方でした。


d0277274_01390150.jpg

d0277274_01382578.jpg



感謝、感謝。
今朝から通常活動再開。
プールで動いてきました。
繰り返さないように気をつけます。

by immigraca | 2019-05-22 01:40 | 健康 | Comments(2)

健康

もう退院したので騒ぐほどのこともなくなったが、
2月1日、激しい腹部の痛みと繰り返す嘔吐で、夫をクリニックへ運び込んだ。
6年前の悪夢が蘇る気がした。

救急といっても皆が緊急で待っている人たちなので、順番が回ってくるまではじっとしていなければならない。
その間に吐き戻しが7〜8回。
痛みで頭皮から脂汗。
見ているこちらが冷や汗モノ。
待合室には横になるスペースもなくただただ座って待つのみ。

そしてここはカナダ、待ち時間数時間は当たり前。
結局呼ばれる前に、痛みに耐えかねてナース簡易ベッドか何かに横にならせてくれと頼み込んだところで、順番となった。

既往歴と、血液検査結果から膵炎と胆石という診断が下りる。
すぐに点滴が始まる。
ここまでて、受付してから4時間半。
ま、早かった方かもしれない。

家に小姫を残してきたし、彼女の夕食やら排泄やらもあったので
専門家の手に委ねて私は帰宅。

それから、6日間の入院を経て家に帰ってきた。
今は胆石を取り除く外科的処置の方法とその順番を決めるための診察を待つ期間。
原因を取り除いて貰えば、もう苦しむこともないので1日も早くその処置を実施してもらうのみ。

入院中は、小姫も病室まで元気付けに通った。
ナースの間で、ちょっとした人気者になってしまった小姫。
まんざらでもなかったようだ。
何より、夫が一番喜んでいた。
ナースとの会話も、治療より小姫のことばかりだったようだ。

d0277274_02543394.jpg


d0277274_02544687.jpg


d0277274_02550831.jpg



6年前と明らかに違ったのは、夫の精神面。
日本で、日本語の中に放りこまれ誰も自分を理解してくれない、
痛みや不快を訴えてもわかってもらえない。
だから夜中でもいつでも、家に電話してきて私に通訳をさせていた。

それに比べたら、環境は申し分なく、私は随分と精神的だけではなく肉体的にも落ち着いていられた。
高齢になればなるほど、やはり母国語で通じ合える環境にいないと、本人も周りもストレスで
もともとの不調に輪をかけて、何倍も悪くなるおそれがある。

あー、カナダに戻ってきて本当に良かったと思う入院騒ぎでした。

by immigraca | 2019-02-17 17:43 | 健康 | Comments(2)

まだ

前回の更新から10日ほどか。
咳がなかなか抜けない。
昼間は少しマシになったが、ベッドに入って適度に体が温まってくると
咳が押し寄せてくるっていう感じ。

20代の頃、今回と同じように咳が止まらないことがあった。
風邪を引いた自覚はなく、咳が止まらないと思っていただけだった。
今回と同じように、熱があるとも思っていなかったら
測ってみてびっくり。39度を越える発熱だった。
結果その時は、肺炎で入院した。
しかも病室がなかったので婦人科の病棟の端っこの個室で隔離されたのだ。

今回は、発熱は幸いにもブログの記事の日と翌日だけだった。
ただ咳だけがいつまでも残っている。
大嫌いな咳止めシロップに助けられながらの日々。

これほど長引くとは。
まだ最低気温がマイナスになる日もあるけど、
昼間はずっとプラスの気温が続いていく予定。
これで春も近づくことだろう。
体調も戻ってきてくれればと願うばかり。

by immigraca | 2018-03-21 19:03 | 健康 | Comments(0)

だるーーーーー

熱っぽいなー、
だるいなー、
咳が止まらないなー、
と体が反応していても
健康体だと思い込んでいるので体温なんて計らないのが普通。

でも、この週末、いや先週からずーっと咳が止まらないし
瞼が重くてしょうがない。
頭痛もあった。
それでも水泳に行けば鼻のつまりも解消されると思って朝のうちに行ってきた。

あー、なんだか変。
とっても変。
背中がぞわぞわする。


何十年ぶりかに体温計を出してみた。
熱って測ったあとで、「あ、熱あるんだ」と思い込みも加味されるから
あんまり測りたくはないんだけど、、、、。
測ってみた。

d0277274_05580521.jpg

こんなの大したことなんいだろうと思うけど、
平熱低めで滅多に熱なんて出さない自分には結構あるなー。
この数字に惑わされ始めている自分。

いやいや、大丈夫見なかったことにしよう。
平常心平常心。

なんてここに体温計の数値載せてること自体
メンタル弱〜。
しばらくは咳止めシロップ(苦甘くて最大級に苦手)を飲んで
さらに、小姫とは布団の取り合いになるので一緒に寝ないことを心がけよう。

明日には上向きになってますように。


by immigraca | 2018-03-12 17:02 | 健康 | Comments(2)

あいたたたー

実は、一週間ほど前、家の前で凍った路面で足を滑らせ転倒。
激しく左後頭部を地面に叩きつけてしまった。
日課のプールへ行くために、玄関を出て階段を降りたところだった。

あまりに早く、あまりに突然で何が起きたかわからなかった。
手に持っていた水筒から漏れ出た液体がじわじわとGパンを濡らしているのを感じ
と同時に青空を下から眺め、自分が横たわっているのを悟った。

私が出かけるのを見送るため、2階のバルコニーに出ていた夫が、
ドサッという音を聞いて、いつもと違うと感じたようだ。
「大丈夫かー」という声が遠くで聞こえてきた。

この限りにおいては、記憶が飛んだとか失神していたとかはないと思う。
事実、ことがそれほど大したことのようには思えず
水筒に水を足したらまたプールへ行こう、などと考えていた。

アドレナリン全開の状態で、比較的楽に起き上がり
それでもちょっと様子をみようと家に入る。
そうこうしているうちに、打った頭がズキズキ痛み始め
そして、ぐんぐん腫れてきてしまった。

こりゃもうプールはダメだし、ひょっとしたら救急車呼ばなきゃないかも?!なんて思い始める
夫にその旨伝えると、「自分で運転していけば」とのたまう。
「高速運転中に意識がなくなったらどうするの!」とちょっと声を荒げてしまった。
夫がこういう人だし、救急車呼ぶ前に家のこといろいろ準備してからでないとダメかも
と考え出したら、もういいやーとなってしまう自分。
「もし私が意識がなくなったら、あなたが救急車呼んでね」と宣告して放置してもらう。
でないと、腫れはどうなった?視界はどうだ?痛みはどうだ?と煩くて仕方ない。

冷凍庫から取り出した枝豆の袋で後頭部を冷やしながらとにかく安静。
でも、みるみるうちに腫れた部分が拡がっていく。

幸い、吐き気が襲ってくることはなく、
歩き方も普通。
話し方も遅延もなければ、ろれつもちゃんと回っていたはず。
本当に頭の一部をガツンとやっただけだったみたい。



それでもいろんな話を総合して、今後のためにもと
翌日にホームドクターに連絡して
転倒から二日後の診察を入れてもらった。

診察日には、夫も小姫も一緒に私の運転でクリニックへ。
先生は、今さらMRIもなーと。
頭の中のことだから、打ったそのときにすぐに救急車を呼ぶべきだったと。
頭部の腫れと、痛み以外は神経学的な症状も出ていないから、
様子見でいいでしょうと。しかし、今後何かおかしいと思ったらすぐに救急診察を受けてくださいとのこと。

今持って、腫れは残っているし、痛みもあるけど
日常生活は普通にこなせているので良しとします。


by immigraca | 2018-02-20 15:03 | 健康 | Comments(2)

検査の結果

半月ほど前の小姫の検査。
血液、尿共に異常な数値は何もありませんでした。
結果的に、心配はないということでした。セカンド・オピニオンを実行して、さらに獣医とじっくり話してこの結果に納得しています。

一番目の獣医のところでの、検査結果と話に????マークが一杯だったので(信じきれていなかったということ)費用はかかっても別の動物病院へ行って良かったと思っています。
検査結果を最初の病院から次の病院へ送ってもらったのですが、ラボの正式なフォームの添付がなく、その動物病院が作ったフォームに書き込んだ数値の用紙が添付されていました。
どこのラボで検査したものか結局わからないままです。
私たちも5月と6月に血液検査した時に頂いた結果は口頭のみで、ラボの検査結果用紙をいただいたわけではなかったので、少々疑問に思っていたところでした。
正式に、病院間の連絡・引き継ぎでもこのような書類のやりとりだったことに憤慨すると同時に、あそこで治療しなくてよかったーと胸をなで下ろしています。


いろいろ思うところはあるけど、ともかく、大事な小姫を変な薬でダメにしなくてよかったです。

そうだ、尿もスツルバイトが混じっているからこのドッグフードしかダメということで、高いものを勧められていましたが、当初一袋だけ購入して食べさせていました。しかし6ヶ月は最低続けるようにと言われていたのでした。姫がずーっと苦しんだ尿の問題がまたこの子でもと、悲しくなっていたのですがそれも心配ないと言われ今はホッとしています。尿の採取の時に裏に連れて行き管を入れて採ったらしいのですが、私が「Phはいくつでしたか?」と聞いた時、「え?」という顔をして、「それはラボに出してからです」と言ったので、なんだかおかしいなーという印象を持ったのが最初でした。Phくらい病院ならすぐにリトマス紙で判断するだろうにと。


それ以降も、再検査だなんだと言われ2度同じことを繰り返し、そのたびそこそこの料金を請求されてたのと、お薬はこれこれしかじかで治療を進めていくと説明されていました。


今でも優しそうで、正直そうな先生だったんだけどという印象は持っているのですが、もうあそこの病院は行かなくていいなーという気持ち。同時に残念でなりません。
小姫の健康問題は一応これで納得です。


by immigraca | 2017-07-26 19:41 | 健康 | Comments(0)

ちょっと診察

小姫さんちょっと不調。
吐いたり下痢したり。
気持ち的にも落ち着かず、不穏な感じでウロウロ。
早朝に排泄に行くために起こしてくれるのは、ま仕方ない。
家の中でやるよりはずっとね。でも寝不足気味、お互いに。
昨夜は変な咳もやり始めた。

そう、獣医さんへ行ってきたのさ。
いろいろ見てもらってきた。
結果はすぐには出ないので、安静に過ごしてねと言われてきました。
そ、安静、、、、。はい小姫には苦手なことです。
家で静かにしてようね。お仕事もしばらくやらなくていいからさ。
早く良くなってくださいな。

d0277274_04531726.jpg
d0277274_04533866.jpg


by immigraca | 2017-01-24 14:55 | 健康 | Comments(4)

いろいろあったなー

先月半ばから歩みがすっかり止まってしまった。
姫の一周忌のあと、月末29日は14歳の誕生日。
空の上から、見ていてくれたかな?

姫の誕生日の翌日には、
私の腰の治療が始まった。それも唐突に。
主治医から手紙でお知らせが来たのは一週間前。

かねてより、神経ブロックへ一歩踏み出そうと話し合っていたのだけど
ナイアガラにはその注射を行うドクターが一人しかいないので
おそらく一年待ちになると言われていた。
それでもとにかく予約は入れておかなければ何も始まらない。
それが8月。
一年も待てないようなら、トロントの幾つかの病院へ当たってみると言われていた。
当初は、一年待ちでもいいかなー。
トロントでブロックを受けるにしても、足が確保できないしなー。
ま、我慢できるところまで我慢してみようと覚悟を決めていた。

それと同時期に、プールエクササイズに参加し始めて
週3回の、高齢者の比較的ゆる〜いクラスで、
でも何もしてこなかったその当時の自分には、体力的には満足出来るクラスから開始。
少しづつ友達もでき始めて、名前も覚えてもらえるくらいになった。

それでほんの少しづつだけど、腰の痛みと動きが週単位のゆっくりした歩みで変わってきているように感じていた。
そんな時に、「来週、ナイアガラ病院へ神経ブロックを受けにいてください」と主治医からの手紙。
なんだ、一年待ちなんて主治医、脅かし過ぎだよ。


ということで11月30日に一人病院へ行ってきました。
問診後に、何本か注射をブスッと。
痛いのでまずはフリーズさせる注射を。
その後、何本か打たれたけど本数までは覚えていない。
ほとんどの人が訴える、副作用の「頭痛と吐き気」が直後から襲ってくる。
きもちわりぃーは、頭がガンガンするわで、気持ちまで⤵️しました。
ただ、早く回復するにはカフェインをとにかく摂取することといわれ、
回復室から出されて、「売店でコーヒー飲んでそこで休んでて」となんと放置プレー。
慌ててコーヒー飲んで唇大やけどまでしちゃいました。

しかしこの頭痛、その後も2日間尾を引いて
久々の「あー、具合わりー。」でした。

あれから5日。やっと昨日あたりから普段の自分に戻った感じ。
肝心の腰は、うん、なんかいい感じです。
何年ぶりかで痛みのない目覚めをさせてもらえて爽快です。

この後は10日〜2週間後にもう一度同じブロックを行い、
その後は3ヶ月ごとに実施。締めて10回繰り返すのだとか。
それって予定をやり終えるのには数年掛かるってことか。
注射は、最初の一回目は無料。
2回目からは注入するアンプルは自己負担で、薬局から自分で購入して診察日に持参するという仕組み。
もちろんドクターの処方箋により購入することができる。

とりあえず、注射だけに多大な期待をすることなく、
自分の体のコア、体幹部分を作り上げることも並行してやっていく必要性を感じた。

しかし痛みが軽減されただけで、気分的にも、運動へのモチベーションが⤴️気味。
この機会を逃さず、動き癖がつくまではスイミングは続けなきゃ。
by immigraca | 2015-12-05 13:08 | 健康 | Comments(2)

肩甲骨大丈夫ですか?

昨年、同級生がFacebookで 健康カプセル!ゲンキの時間 というTV番組で
出演・指導することを告知していた。

それがいつだったかすっかり忘れていた。
本人も忘れていたらしい。

その動画がYouTubuで公開されていた。

この機会に肩甲骨から健康を見直してみるのもありです。

☆埼玉県立大学教授がリハ学時代の同級生です。


by immigraca | 2015-02-14 10:00 | 健康 | Comments(2)

遅れちゃった

記録。

d0277274_10311963.jpg


「あれー、今日はこれから何があるのかな?」

うっかり忘れていた。
小姫、狂犬病注射。
その他、予防注射。

d0277274_10403628.jpg


帰宅してからはゆっくりお休み日。
無駄に動いてはいけません。
by immigraca | 2015-01-26 20:29 | 健康 | Comments(0)

終の棲家を見つけるまでの生活。そしてカナダへ落ち着いてからの日常の一コマを紹介。2006年4月~2013年1月までの過去ブログは  http://elvisjade.exblog.jp/  


by immigraca
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る