人気ブログランキング |
{"tag":"[#IMAGE|d0277274_01142446.jpg|201608/27/74/|mid|336|319#]","htmlTag":"","params":{"url":"align":"mid"}}

カテゴリ:風景( 90 )

まだ肌寒いよ

お天気しか話題がないんだけど、
それはそれで平和に暮らしているってことか。

毎日花数が増えて行く玄関をみて、にんまり。
寒くても、日差しは強い。花もそれを知っているのだろう。
着実に大輪を咲かせている。

d0277274_05302266.jpg

先々月、夫がPCを新しく購入。
いろいろ設定が難しくて、私と二人でやっていると
近しいだけに、お互いストレス溜めまくり。

もう両手を挙げて私は降参しました。
だれか他人がやるのが一番。
それも盲人のPCをよく知った人。

やっと明日、その道のプロが家庭訪問してくださることに。
夫の愚痴から少しでも解放されると思うと
おもてなしだけでも、一生懸命やらなくちゃ。

ということで、
まずは、クリームブリュレなど作ってみました。
今晩食後に夫と試作品を食べてみるのである。
ちゃんと美味しくできたかな?


d0277274_05303910.jpg
今晩のデザート用と、明日のおもてなし分とまとめて作りました。


あとは果物でも添えて。
粉物でいきたかったけど、ここはいろいろグッとこらえて、
クリームブリュレになりました。
どっちもどっちか?!

by immigraca | 2019-06-03 17:10 | 風景 | Comments(0)

遅い

今年のナイアガラ地方は春の訪れが極端に遅い。
暖かくなるかなーと思うも、二日か三日でまた気温が逆戻り。
当然自然にも影響が出ている。

ナイアガラのワインは有名だが
ぶどうの生育に影響が出始めている。
今年はきっと凶作になる予感がだんだんと強くなっている。

拙宅の花も例年に比べて開花がすこぶる遅い。
そして、咲きそうで咲かない期間が長かった。
いいように受け取れば、花の時期をより長く楽しめるのかもしれない。

ただ、今年のテッセンの蕾の数がおびただしく、
数えることも、もういいかー、と思えるくらい付いている。
きっとこの後も次々に蕾が育ってくるのだろう。

d0277274_20515802.jpg
d0277274_20504865.jpg

d0277274_20512785.jpg
ウツギ(白い花の低木)も少しづつ開花し始めている。
紫と白の饗宴、これからが本番。楽しみです。

by immigraca | 2019-05-29 08:12 | 風景 | Comments(0)

この週末春になった

やっとだよー。
春っぽくなった。
黄色の絨毯が広がって、暖かくなった。
ここからは、夏になるのも早そう。


d0277274_05473029.jpg

d0277274_05481903.jpg


d0277274_05491744.jpg







by immigraca | 2019-05-19 16:53 | 風景 | Comments(0)

母の手作り

私の母は現在88歳。今年89歳になる。
今から6年前、私がカナダへ来た年にパソコンを買い
パソコン教室に通い出す。でも「さわりの部分だけでもういいわ」と途中でやめるが。
時々スカイプで話すまでになったような人。
常に何か新しいことを見つけて吸収しようとする人。

頭が柔軟なんだと思う。
自分もそういうところは見習いたい。

そんな母から受け継いだのは
器用さ⇦(自分で言うか)と、
物作りを楽しむことかな。

とにかくじっとしていない。
いつも何か動いているか
座っていれば手を動かしている。

一昨年、遊びに帰った時に見せてくれた吊りびな。
一つ一つ丁寧に、手で縫い上げてある。

d0277274_21541025.jpg


d0277274_21542504.jpg


最近は根気がなくて、、、なんて言うけど、とんでもない。
尊敬するわ。

最近はPCの立ち上げもほとんどしない生活になった。
間が空くと、スカイプに辿り着くまでが面倒になっているようだ。
昨日電話したら不在だった。
ちょっと心配したけど、後から留守電聞いたよとメールが届く。

先週、河口湖へ行った時の写真も添えてあった。
とっても元気そう。安心した。

もうPCじゃなくて、母のスマホにLINEアプリをダウンロードして
スマホからLINE仲間になった方がいいかもしれない。

by immigraca | 2019-03-02 08:10 | 風景 | Comments(2)

氷の世界

気温はさほど低くなく、
マイナス気温とのボーダーくらい。
だから雪にならずに雨になって降ってきた。

木々や地面に残った水滴が夜間の気温で氷になる。
路面はツルツル。スクールバスは軒並みキャンセル。
大雪で例えバスがキャンセルになっても、今までは家族が送迎すればいいので、学校は普通に開いていた。
でも、この環境では誰もが運転に不安を感じるのか学校そのものが閉鎖。

そりゃそうだ、無理して車を出して事故ったら大変だものね。先生だって怖いよね。


d0277274_00083943.jpg


d0277274_00085449.jpg


d0277274_00093168.jpg

壁や屋根が光って見えるのは全部氷。
雪じゃないの。

階段もツルツル。
ゴミ収集車もキャンセル。

閉ざされた世界だ。
食料だけはしっかりあるのでしばらくは大丈夫だけど
怪我や体調だけは壊さないようにしないと、、、、と思っていたんだけど、
誰かさんがまたやってしまった。

それはまた。

by immigraca | 2019-02-07 10:16 | 風景 | Comments(0)

ホワイトクリスマス

クリスマスイブには全く雪がなかったのに25日の朝には雪。
一日中降り続いていたけど、寒さはそれほどでもなく比較的過ごし易かった。


我が家はクリスマスにはもう家でたくさん作るより
外へ食事に出かける方が何かと楽。
大人数の家族ならターキー一羽を料理しても食べる人も多いからちゃんと消費できるだろうけど
我が家はたった一人でいつまでも食べ続けなければならない。
ターキーだけでは済まないしね。

ということで気力も、行動力も低下してきている私たちは
昨年からレストランでクリスマスディナーを楽しむことにしている。

オールドタウンのレストランは、
年配のカップルが多かった。
私たちのような考えの人たちが多いいんだろうな。
一方、家族みんなでというテーブルもないこともなかったが少数派。
ハープとバイオリンの生演奏があり、うるさくもなく心地よいBGMだった。

5品のコース料理は、
サラダとスープのどちらかのチョイス。
メインは、ビーフ、ターキー、サーモンからのチョイス。

どれもおいしゅうございました。

d0277274_08134148.jpg

d0277274_05052880.jpg

d0277274_05053932.jpg

d0277274_05055950.jpg


一年一度のコース料理。
来年も元気で二人揃って食べに行けますように。

by immigraca | 2018-12-27 12:10 | 風景 | Comments(0)

クリスマスの朝に

d0277274_04480078.jpg

昨日まで全く雪のなかったナイアガラ地方。
朝方から降り出した。サンタが雪雲を一緒に運んできたのかもしれない。
でも、さほど寒くもなく見ているだけなら素敵なホワイト・クリスマスになった。


by immigraca | 2018-12-26 14:50 | 風景 | Comments(0)

帰ってから

さて、夫と彼の相棒はずっと家にこもっていたので、
自分だけ遊んできたのはちょっと心苦しい。

すぐに外食へ行こうということになり
兼ねてから気になっていたイタリアンへ。
食べるのに夢中で写真は一切撮らなかった。
それだけ満足したってことで、またきっと行くだろうな。


その週の週末には、
High Tea を楽しんできた。
Old Town から少し外れた、英国の雰囲気いっぱいの MacFarland House


サイクリング道路は散歩道がすぐ横を通っている。
リスがちょろちょろ動いているのも見える。
Niagaraに引っ越してきた時には、このすぐ近くに1年間暮らしたんだけど
その時は、こんなに近くにTea House があるとは気がつかなかった。
もちろん散策にも来なかった。もったいないことをした。

d0277274_08581768.jpg

部分的にサンルームになっていて、夏は暑そうだ。

d0277274_08584462.jpg

向こうは散策ができる。
自転車も、散歩の人も、リスも遊んでいる。

d0277274_08575636.jpg

右はダージリン、左はナイアガラ・ピーチ。

d0277274_08583060.jpg

夫のは、チーズプレート(上の真ん中)とデザートのケーキ(左上の一皿)
私が頼んだHigh Tea は、一番大きなプレート。これが一人分。多すぎるよね。

d0277274_08590297.jpg
これまた堪能いたしました。
夕食は当然もう入らないボリュームでした。

by immigraca | 2018-06-17 15:12 | 風景 | Comments(0)

あっという間にもう帰らなきゃ

一緒にご飯を食べるのも最後。
本当に短い訪問だった。
でも、このくらいがちょうどいいのかも。

リクエストして、大好きな中華屋さんへ。
ここで出される料理は何を食べても失敗がなくて美味しい。
お値段もリーズナブル。


d0277274_08573108.jpg
Richmond のTimmy Kitchen.


d0277274_08564613.jpg
d0277274_08565947.jpg

大満足でした。




d0277274_08572083.jpg

食事の後は港を散策。
この時期にしか捕ることが出来ないエビがあるんだとか。
陸揚げされるのを待つ人たちが列をなして待っているらしい。
そんな漁港でもある。


あー、ここに住んだら食生活がきっと変わる。
魚介類をもっと日常的に楽しめるだろうし、
日本食の調達ももっと楽になるんだよな。。。。とついつい思ってしまう。
叶わぬ夢。それを叶えるのは、やっぱり宝くじしかないよなー、と空を見上げる私であった。


by immigraca | 2018-06-16 11:15 | 風景 | Comments(0)

寿司ですわー

ちょうど週末母の日となる時の訪問だったので
学生の時は振る舞えなかった(未熟者だった)手作りのご飯をご馳走することに。

当時は、たいしたこともできなかったなー。
ご飯作ったことあったかなぁ?
ましてや寿司なんて振る舞ったこともなかった。

今回は、短い間だけど一晩は私がご飯作る予定で来ていた。
母の日の前夜祭。中華系のスーパーへ買い出しに行き、
材料を調達。

海苔巻き二種類。 マグロとアボカド巻きと、新潟風、卵焼・胡桃・きゅうりの巻物。

d0277274_08551196.jpg

酸辣湯スープを作ってみたら、これが殊の外喜ばれた。
大根ときゅうりの梅干し和え。
豆腐やキクラゲ、長芋・銀杏など入れたがんもどきも。

何もできなかった子が、ここまで作れるようになったと感激してくれた。
ま、それだけ年取って経験値も上がったってことだよね。


日曜日の母の日には、近くに住む次女とその娘とともにスタンレーパークでピクニック。
橋を越えてダウンタウンへ入っていく。
懐かしさはもうなくて、全然知らない街へ来たような感覚だった。

d0277274_08552114.jpg

d0277274_08553627.jpg

スタンレーパーク内を走るトロッコバス。

d0277274_08555126.jpg
水族館。ここは20年ほど前に一度遊びに来たんだったかな。
当時は、シャチやイルカが飼育されていたが今は動物愛護の観点からもう何年も前にそれらはいなくなった。

d0277274_08560761.jpg
水族館近くに場所を取りゆったりとピクニックの開始。

d0277274_08561886.jpg
あちらの山はNorth Vancouver.
こんな天気のもといい一日を過ごすことができた。


移動中の動画です。




ちょっと焦点合ってませんが、公園内の馬車です。




イングリッシュ・ベイという憩いの場所








by immigraca | 2018-06-15 11:48 | 風景 | Comments(0)

終の棲家を見つけるまでの生活。そしてカナダへ落ち着いてからの日常の一コマを紹介。2006年4月~2013年1月までの過去ブログは  http://elvisjade.exblog.jp/  


by immigraca
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る