人気ブログランキング |
{"tag":"[#IMAGE|d0277274_01142446.jpg|201608/27/74/|mid|336|319#]","htmlTag":"","params":{"url":"align":"mid"}}

カテゴリ:食べ物( 123 )

プチ・改革

d0277274_07155146.jpg

先日買い求めたごぼう。
今まではほぼ全部を天ぷらにして消費していた。
しかし、揚げ物ばかりの食生活を見直すことにした。

ごぼうは大腸ガンを予防するという報告もあるので
夫には積極的に食べてもらいたいのだが、
どう工夫しても、義務的には食べるけどそれくらいで積極的に美味しいと言って食べてくれることはなかった。

たまたまデトックススープということで目にしたメニュー。
ごぼうを使ったポタージュスープ。
ずっしりとしてお腹にたまる。
これは我が家の定番になる一品だわ。

上に乗っているいるのは、Flax seed(亜麻仁) を粉状にしたもの。

by immigraca | 2019-01-05 18:14 | 食べ物 | Comments(0)

これらのために

半日潰しても買いに行きたい野菜。
これらが欲しくて頑張った。

なんとも健気な私だなー。

d0277274_01392492.jpg


d0277274_01394431.jpg


d0277274_01400960.jpg


d0277274_01402855.jpg

長ネギも日本の物は普通には売っていない。
長旅のご褒美として買ってくる。
その度に根元を少し残して土に埋めるんだけど、なかなか成功しないんだよね。
今回はケチらずに根元をいつもより長くして埋めてみようかな。

by immigraca | 2019-01-05 11:46 | 食べ物 | Comments(0)

クリスマス・イブ・イブ

作るのに時間がない時には
オーブンに仕事をしてもらって、自分は他のことをする。
そういう時に思い浮かぶメニューはタンドリーチキン。

クリスマスも差し迫ってきたこの日に(12月23日)
チキンと、付け合せのポテトを入れて
90分くらい放置。





ブラッセルスプラウトはこの前買ったInstant Pot で7分セット。




実に手際よくできました。
といってもタンドリーチキンは未だかつて、一度も味見したことがないという私。
それでも、美味しいと言って食べてくれる夫に感謝だな。

by immigraca | 2018-12-26 15:14 | 食べ物 | Comments(0)

お手伝いとクリスマス会

キルト会のご婦人方と一緒にボランティアを行った。
この時期ターキーを自分たちで賄うことのできない家族へ配るための物。
25キロを超えるターキーを6羽と副菜の野菜。

その合間に自分たちのお昼をはさんで
夕方には、この集まったご婦人方とその夫も一堂に集まってのクリスマス会。

年齢的には皆同じくらいの人たちばかり。
特別に宗教を勧めるわけでもなく
その辺は放っておいてくれるので、一緒にいてもまったく嫌じゃない。
くる者は拒まず、去る者は追わずのスタンスが好き。

ターキー作りが上手だと評判の人がいて、
私にとっては初めての経験となる、最初から最後までの焼き方伝授。
彼女が焼いたターキーがジューシーで美味しいと言われる所以は
丸ごとの姿のまま焼かないということ。
まず部位ごとに切って、塩・コショウを振り、バターを軽く揉み込み
玉ねぎのみじん切りをのせてオーブンで焼く。
これでいいのだという。
そして、出てきたジュースがグレービーになるだけの話よ、と。

d0277274_04280651.jpg


d0277274_04281933.jpg


d0277274_04291522.jpg


d0277274_04170797.jpg

野菜は、さつまいも、人参、玉ねぎ、パプリカ(赤・黄色・オレンジの大きなピーマンのこと)
それをアボカドオイルで馴染ませてゆっくりと火を通す。それだけ。
ジャガイモはマッシュポテトにするので直前に作る。

下の写真の一部は、お昼のターキーのスープストックをスープにした麺と
デザートなど。
夜の部の写真は、クランベリーソースや、ピクルスなども添えて
ターキーのダークとホワイトミートをそれぞれ自分の好みで取り合わせて。


d0277274_04162324.jpg


動画も撮りました。よろしかったらどうぞ。
(横のままで、回転できない動画もあります。見難いけどごめんなさい)















by immigraca | 2018-12-15 14:40 | 食べ物 | Comments(0)

Butternut Squash

こちらに来て驚いたことの一つに、
かぼちゃの種類がとても多いということ。

学校で習った英語のかぼちゃは、パンプキンのみ。
それでスーパーに行って、似たような物から似てないような物までを
おしなべてパンプキンと呼んでいたら、周りから怪訝な顔をされた。
それぞれに違う呼び名があるんだということもだんだんとわかるようになった。

今年は初めて新しい”パンプキン”に挑戦してみることにした。
その名は、バターナッツ・スクワォッシュ Butternut Squash。

d0277274_01225972.jpg



d0277274_01232632.jpg



ひょうたんの出来損ないのような形をしている。
今日はこれを使って、スープにしてみるつもり。
甘いかな?おいしいかな? 楽しみだ。

出来上がりました。。。。。
Butternutだけオーブンで焼き、
その間に玉ねぎ、人参、セロリをバターで炒めておく。
柔らかくなったButternutと上記の野菜をひたひたの水に入れ火にかける。
全部の野菜をやわらなくなったら、フープロにかけクリーム状に。

味付けは、野菜のスープスットック、塩胡椒などお好みで。


d0277274_08052950.jpg


すっごくクリーミーでずっしりくるよ。
小さな粒は、サンフラワーシードをのせてみました。

by immigraca | 2018-12-12 11:24 | 食べ物 | Comments(0)

自分らしい

d0277274_00453724.jpg

お昼近い時間、バナナケーキ焼いています。
猛暑も去ったようで、そろそろオーブンで何かを作るのも苦にならなくなってきたので。
とは言うものの、いろんなことの手順がもう頭から消えている。


このバナナケーキ、クルミを生地に混ぜ込むつもりだったのに忘れてしまい、
型に流し込んだ後に上から押し込む始末。


でもま、いいか。

と思ったのもつかの間、あれ?砂糖入れたっけな?
あーやってもうた。はい、砂糖も入れ忘れました。


普通の人ならきっと型からボールに戻してお砂糖を入れるんだろうけど、
「生地にはバナナが既にマッシュして入っているからそこそこ大丈夫だろう、
うん、きっと砂糖少なめのケーキになるわ。」とここのまま続行。


まさに私らしい。
出来上がりがどうなることやら

by immigraca | 2018-08-25 11:47 | 食べ物 | Comments(0)

梅漬けのその後

なんとまぁ、二日から書いていなかった。

アプリコットの第二弾の梅もどき漬けがどうなったかというと。
いい感じで進んだんです。

14%の塩に漬け込んだアプリコットは、
数日後からだんだんと梅酢が上がってきた。

d0277274_09342849.jpg


ここからまだ数日は我慢して、十分な梅酢の量になるまでね。
うちは重石というのがないので、辞書を重ねて置いたので
結構時間がかかりました。

d0277274_09345154.jpg

じゃぶじゃぶ状態になったら、アプリコットだけを出して、陽に当てる。


d0277274_09353048.jpg

こうやって庭に放置しておいたら、数分後に鳥のけたたましい鳴き声?が響いた。
びっくりして庭に出たら、ちょっとだけついばまれた痕のあるアプリコットが数個、
ザルから離れたところに落ちていた。
鳥もあまりにしょっぱくて、びっくりして嘴から落としてしまったものと思われる。
残念だったねー、鳥さん。

で、双方の幸せのために、アプリコットはネットに入れて乾かすことにした。


d0277274_09355084.jpg

そして、これでいいかなーというところまで乾かした。


d0277274_09304160.jpg
皺々。梅干しっぽく見えるよね。


d0277274_09455806.jpg

上のザルに乗った皺々の半分はそのまま梅干しとして保存。
半分は梅酢と、シソの葉の保存瓶に戻して梅干しとして保存。
これで、今年のアプリコットによる梅もどきの実験は無事に終了。

副産物として、庭にはまだ紫蘇がどんどん育ってきていたので
砂糖と一緒に煮て、シロップを作ってみた。


d0277274_09310291.jpg

こちらは砂糖をたくさん入れて、同じく保存ができるようにしてある。
炭酸水で割って飲むと、爽やかな紫蘇ジュースに。
とても美味しい。


d0277274_09312704.jpg

さらに、煮出した紫蘇は捨てずに、十分乾かしてから


d0277274_09311297.jpg

美味しい塩と一緒にグラインダーにかけて、ゆかりができました。

そして、早速梅漬けを食べてみました。
細かく刻んで、ほかほかご飯に混ぜて、おにぎり!


d0277274_09301559.jpg
梅漬けの他に、庭の新鮮なきゅうりと、ゴマも混ぜ込んであります。
いやー、これは本当においしかったです。いくらでもお代りできそうなおにぎりとなりました。
今後とも食べ過ぎには注意となりそうです。

by immigraca | 2018-08-22 08:56 | 食べ物 | Comments(0)

八月のお朔

八月のお朔は、1日遅れて二日のお夕飯になってしまった。
先週買い出ししてきた野菜を保存できるのももうそろそろ限界。
なので、また天ぷらにして食べる。
一塩シャケはこの前作ったもの。
お漬物も、庭のキュウリ使用。シバ漬けにするために梅漬けから漬け汁を調達。
お汁は、しいたけの戻し汁利用。


d0277274_09183995.jpg

なんだかんだと大賑わいの夕食となった。
夫は、天ぷらと、生シャケのフライを食べてもらった。
お赤飯はいらないんだって。美味しいのにね。
ご飯の代わりに、残り物の豆シチューを。

七月も健康で無事で過ごせました。
八月もどうかこのまま穏やかに過ごせますように。
そしていいこともちょっぴり欲しいなーと願ってみたりしてね。

by immigraca | 2018-08-02 20:26 | 食べ物 | Comments(0)

汗をかきかき

蕎麦を打った日に、おかずとして天ぷらが頭をかすめてからずっと
消え去ることもなく、毎日毎日思考の大部分を占めるようになってしまった。

プールで動いている時も
ベッドに入って本を見ながら文字を追っている時も
PCを見ている時も
こうなったら一度ちゃんと天ぷら食べないといつまでも幻影に惑わされてしまう。


で、今週はちょっと遠くまで食材の買い出しに出かけたので
いろいろな野菜を買い求めてきた。

その中には、ゴーヤとゴボウも。
ゴーヤは、近くのスーパーで今年初めて買い求めたことがあった。
今までは見たこともなかったけど、需要が出てきているのだろうか。

一方ゴボウは、まったくだめ。
アジア系の食材店でのみ見つけることができる。

今回のスーパーは中華系で、
一般のスーパーでは取り扱わない野菜でも、日本人には馴染み深い物も取り扱っている。
なので、ゴボウとゴーヤを迷わずてにして
他にはニラ、長芋、日本タイプの長ネギと人参も購入した。

今晩はそのゴボウとゴーヤを使って天ぷら。
暑さも少し和らいで、今日はクーラーも使わずに過ごせている。
お天気も味方してくれたのだ。

ゴーヤは、エビとコーンと一緒にかき揚げ。
ゴボウに、ボウルの下に残ったコーンもくっついたけど、それもお愛嬌。
他には夫の好物のナスとズッキーニ。


d0277274_07104668.jpg

満足。ゴーヤの苦味がキリッと体に喝を入れてくれた。


d0277274_07105777.jpg
で、この方の視線もキリッと私に喝を入れてくれた、、、かどうかは疑問。

by immigraca | 2018-07-27 18:34 | 食べ物 | Comments(2)

私の大事なご飯のお供

のっけからギョッとする画像でごめんなさい。



d0277274_21402904.jpg

今現在の我が家の冷蔵庫。
塩鮭を作っているところ。鮭一尾が半身づつ塩とその他の調味料でまぶされて、裸で放置されています。
網に上に乗せ、じっくり・ゆっくり落ちてくる水分をトレーで受けています。

これで後一日くらい置いておくと適度に乾いておいしい塩鮭になります。

今回は横着して、一つ一つの切り身にせずに、スーパーから買ってきたそのままで「ドーン」と乾かし作業に入って、出来上がったら切り身にして一切れ一切れラップに包んで冷凍庫保存。

干し網で天日干しもできるのかもしれないけど、風がないと傷みそうで怖いのでまだ試したことはないです。

これと、納豆と梅干しを白米で食べる。最高です。
生卵ご飯も大好きなのですが、
カナダではまだ一度も生卵を試したことがありません。
大丈夫かなー?って思ってしまって。

ざ・日本人という食卓にするために日夜努力を重ねております。

by immigraca | 2018-07-26 08:46 | 食べ物 | Comments(0)

終の棲家を見つけるまでの生活。そしてカナダへ落ち着いてからの日常の一コマを紹介。2006年4月~2013年1月までの過去ブログは  http://elvisjade.exblog.jp/  


by immigraca
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る